2018年9月1日

手軽にひとり暮らしを実現!マンスリーマンションのメリット

単身赴任のジレンマを解決

単身赴任を終えて実家に戻る時、課題となるのが要らなくなった家電や家具などの処分です。

テレビぐらいならそのまま持ち帰っても使いようがありますが、洗濯機や冷蔵庫などは場所を取りますし、ファミリー用と単身用では容量が違うので使い勝手が良くありません。かといって、廃棄してしまうのはいかにも不経済です。

この問題は、ちょっとした発想の転換で解決できます。つまり、単身赴任を始める際に家電や家具を買わなければいいのです。

それでは赴任中の暮らしが不便ではないかというと、決してそんなことはありません。なぜなら、家電や家具があらかじめ備え付けになった賃貸物件というものが世には存在するからです。それが、マンスリーマンションです。

入居後すぐ新生活が始められる

マンスリーマンションは賃貸マンションの一種ですが、ビジネスホテルのような手軽さで利用できる点に特徴があります。生活家電は言うに及ばず、ベッドやテーブル、ソファなど、通常の暮らしに必要な家具類が部屋に備わっています。各種ライフラインやインターネット回線なども開通済みなので、入居したその日からすぐに普通の生活が始められます。

また、マンスリーマンションは名前の通り月単位での利用が可能で、大半の物件は敷金や礼金、さらには仲介手数料も不要です。一般の物件なら2年単位の契約が基本で、たとえ1ヶ月で退去しても礼金や仲介手数料は戻って来ませんが、マンスリーマンションなら最初から負担する必要がないのです。身軽に移動したい人にとって、非常に適した物件であると言えます。

大学に合格した人や、親もとを離れて一人暮らしがしたいと思う人にも利用しやすいのがマンスリーマンションです。とりあえず一か月、一人暮らしを満喫できます。例えば、台所、冷房設備なども充実しています。