2018年9月29日

工場で働く時にぜひ事前に覚えておきたいこと

応募前にこのことを覚えておきましょう

工場の仕事に応募するときには、いくつか覚えておきたいことがあります。

それは、選考方法についてと簡単なお仕事適性検査があることです。

アルバイトや派遣の場合は、まず必要な書類を作成することから始まります。最近では、インターネット上で専用の応募フォームがあり、すぐに応募が完了してしまう場合も多く見られます。電話やインターネットからエントリーして、その後に応募書類を送付もしくは持参して面接等を受けます。

派遣就業の場合は、面接の他に簡単な適性検査をすることが多くなっています。

就業前の簡単な検査がある場合もある

面接の時などに並行して行われるお仕事適正診断は、工場での各種の仕事にどの程度向いているかを診断する簡単なテストです。診断では、手先の器用さや処理のすばやさなどが主に検査され、特に難しいことは問われません。

工場系の仕事は、就業する期間が決められていてパターン化された仕事がほとんどです。そのため、この適性診断のスコアがそれほど問題になることはないでしょう。ただし、ごく一部の体の神経に異常があり特定の処理に困難がある人などは、工場の仕事に応募できないケースがあるかもしれません。

検査を済ませればあとは就業までスムーズ

お仕事の適正診断を受ければ、その後は面接などで問題なければ就業が可能です。

工場の求人に応募する時の面接や適性検査は、必要な項目がきちんと満たされていて簡単な検査をクリアすれば、ほとんどの人がすぐに通過できるものです。そのため、特に入念な準備は必要ないでしょう。

工場の求人は、遠方から通いやすいように寮制度が充実しています。また手当も皆勤手当てや赴任手当など手厚いです。