2018年11月29日

工場勤務で自分のスキルを活かすことができます

工場では生産性の向上ができる人を求めている

アジア各国の競争に打ち勝つため、働き方改革を推進するためには生産性を上げることが必須です。工場では、設備の稼働率を上げたり、人が行っている作業を設備に置き換えることができる人材を求めています。日本では、モーレツ社員が尊ばれてGDPが向上してきた歴史がありますが、もはやその時代ではありません。家庭を大切にしたり、余暇を楽しむ時間を十分にとっていくことが大切です。残業によって生産性をカバーする時代はもう終わりです。しかし、世界各国との価格競争や品質競争に打ち勝っていかなければ、日本の生産活動は停滞してしまいます。そのためには、生産性を向上させる知恵が必要です。工場ではその知恵を発揮して、生産性の向上を推進できる人材を広く求めています。

自分のスキルを活かせる仕事

現在は、一人で仕事を行う時代でもありません。チームやプロジェクトでテーマを達成します。一つのことに秀でたスキルを持った人が集まって、知恵を出し合えば、大きな成果がでます。チームのメンバーには様々なスキルを持った人が求められています。ITのスキルや設備開発のスキルはもちろんの事、財務・会計・原価計算の知識、人材育成、外国語など様々なスキルを持った人達が必要です。そのスキルを持った人たちのチームで生産性の向上や原価低減などのプロジェクトを達成していきます。そのため、自分を活かせる場が工場には広く存在します。自分のスキルを活かした仕事を求めている人は、工場の求人を探してみましょう。

日総工産の求人情報なら